marb's Soft Factory

Ez-MailChecker



どこにでもあるメールチェッカーです

たまに勘違いされている方がいるようなので...
メールチェッカーとは、Windows Mailなどのメールソフトを起動せずに
メールがあるかどうかを確認するソフトです。
メールの内容を確認するには、メールソフトを起動しなければなりません。

設定したメールアカウントにメールが来るとキャラクターが吹きだしで知らせてくれます

吹きだしには、送信者名 と 件名 が表示されるので誰からメールが来たのかが、メールソフトを起動する前にわかります

また、設定方法によって 着信件数のみにする事も可能です

吹きだしを左クリックするとメールソフトが自動的に起動します

※ キャラクターが初期状態では、常に手前に表示する設定になっています。
手前に表示すると邪魔な場合は、手前に表示しないように各種設定から行ってください。

ダウンロード


2019年07月12日 公開 Version 2.22 New

【変更点】

・メールソフトの起動テストボタンを追加
・メールソフトの参照ボタンでリンクファイルを指定できるように修正
・最新バージョンをダウンロードする画面を吹き出しで表示するように修正
・メールソフト起動前の確認ダイアログにある「次回から確認しない」の不具合修正
・キャラクターがGIFの時、透過色が使われているとキャラクターが表示できないのを修正



※ Framework 4.0 が必要です。

メニューの「最新バージョンチェック」に New が出ていると新しいバージョンが公開されてます。
「最新バージョンチェック」をクリックしてバージョンアップをして下さい。




※ 設定方法は、下の「使い方」を良く読んでください。

注意!
ダウンロードしたファイルを解凍ソフトを使って解凍しないでください。
解凍ソフトを使って解凍したファイルからセットアップすると正常に動作しない場合があります。
ご注意ください。


エラーが発生したとき、使用しているバージョン(例 Ver 2.05) と 何をした時に発生したか?赤い枠の内容( 例外テキスト 〜 「場所」と表示してある箇所)を教えて頂けると不具合修正に役立ちます。ご協力お願いします。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


使い方

ダウンロードしたファイルを実行すると、画面左下に()表示されます
(IME ツールバーの下に表示している場合があります)

を右クリックして メニューを表示します
【 各種設定 】を選択すると 各種設定画面が表示されます
「アカウントの設定」を選択して、このメールチェッカーが使えるように設定を行います

識別名に 適当に何でもいいので 適当に名前を入力します
POP3 または IMAP4 を選択します
メールサーバー(POP3、IMAP4)欄に、サーバー名を入力します
ポート番号を入力します
SSL接続が必要な場合はチェックを入れてください
ユーザーアカウント欄に、ユーザーアカウントを入力します
パスワード欄に、パスワードを入力します
メールソフトのパス名は、吹きだしをクリックした時に起動したいメールソフトのパスを入力して下さい
例)
Outlookの場合、
・Outlook2016
 C:\Program Files\Microsoft Office\root\Office16
 または
 C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\Office16

 にある Outlook.exe を指定します。


・Outlook2013
 C:\Program Files\Microsoft Office\root\Office15
 または
 C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\Office15

 にある Outlook.exe を指定します。



Gmail,Hotmailの受信方法

【Gmailの設定】
・メールサーバー:pop.gmail.com
・ユーザーアカウント:Gmailのメールアドレス
・POP3を選択
・パスワード:Gmailのパスワード
・ポート番号:995
・SSLを使う:チェックを付ける

または

・メールサーバー:imap.gmail.com
・ユーザーアカウント:Gmailのメールアドレス
・IMAP4を選択
・パスワード:Gmailのパスワード
・ポート番号:993
・SSLを使う:チェックを付ける
※ Gmailの設定で 「POP を有効」「IMAPを有効にする」にする必要があります。

【旧Hotmail(Outlook.com)の設定】
・メールサーバー:pop-mail.outlook.com
・ユーザーアカウント:Hotmail(Outlook.com)のメールアドレス
・POP3を選択
・パスワード:Hotmail(Outlook.com)のパスワード
・ポート番号:995
・SSLを使う:チェックを付ける

または

・メールサーバー:imap-mail.outlook.com
・ユーザーアカウント:Hotmail(Outlook.com)のメールアドレス
・IMAP4を選択
・パスワード:Hotmail(Outlook.com)のパスワード
・ポート番号:993
・SSLを使う:チェックを付ける

※ 1.Outlook.com アカウントにサインインします。
  2.[オプション] アイコン [オプション] アイコン をクリックし、
   [オプション] をクリックします。
  3.[アカウントの管理]の[POP を使ったデバイスとアプリの接続] を
   クリックします。
  4.[POP] で [有効にする] をオンにします。
  5.[保存] をクリックします。


【Yahooの設定】
・メールサーバー:pop.mail.yahoo.co.jp
・ユーザーアカウント:Yahooのメールアドレスの @ より前
・POP3を選択
・パスワード:Yahooのパスワード
・ポート番号:110
・SSLを使う:チェックを付けない

IMAP4は対応していません。


吹きだしの設定

このメールチェッカーは、サーバーにメールが存在するかを確認しています
メールソフトの設定で【サーバーに残す】になっていると、
サーバーにはまだメールが残っているので吹きだしに何度も表示していまいます
※ サーバーに残さないようにメールソフトの設定をするのがベストですが・・・

何度も吹きだしに表示しない様にするには



ここにチェックを入れ、
吹きだしを左クリックしてメールソフトを起動すると
次回からは吹きだしに表示しないように設定ができます。

吹きだしを左クリックしてメールソフトを起動しなかった時、
または、
吹きだしを左クリックせずにショートカット等からメールソフトを起動した場合は、
吹きだしには何度も表示する事になります。

キャラクター

DownLoadをクリックしてファイルを保存します。
保存したファイルは、Lzh形式で圧縮していますので、解凍ソフトを使ってください

解凍後は、Ez-MailCheckerをインストールしたフォルダーなど
管理しやすい場所にコピーしてください

Ez-MailCheckerを起動して、
メニューの「キャラクター変更」からキャラクターを変更してください

Download Download Download
Download Download 税込 2,419 円

キャラクターの作成

キャラクターは、自分で作成する事も可能です

キャラクターは、透過したい色を周りに着色して、必ず画像の外枠には、その色を着色してください
(左右に着色でも問題が無い場合もあります)

画像サイズに制限はありませんが、あまり大きい画像だと使いにくくなります

上記にあるキャラクターを参考にしてください

作者からのおしらせ機能について



作者から皆さんへお知らせなどを見ることができます

お知らせといっても、事務的なもの(このソフトの方向性を決めるときなど)や、日記・ボヤキ などが見ることができます

この内容について返事を書きたい時は、
【連絡帳】からお願いします。
作者へ一方通行(返事は期待しないでください)メッセージを送ることが可能です。

暇な時などに見てもらえれば・・・と思います
いわゆる、ブログというものかな?

こんな使い方

・キャラクターが邪魔でしょうがない
 キャラクターが表示してて邪魔な時は、100%
 透明にしてください

Copyright © 1999-2018 marb All rights reserved